発毛・育毛

発毛・育毛

年齢とともに頭皮も老化し、ヘアサイクルのバランスが崩れてきます。そのために髪が細くなり、抜け落ちる本数も増加し、全体的にボリュームがなくなってきます。これはある程度しかたがないことですが、頭髪が薄くなってくると、実年齢より老けた印象になってしまいます。当院では加齢による薄毛、抜け毛を改善し、健やかな頭皮と髪を取り戻します。

薄毛・抜け毛

真空含浸機加齢が進むにつれ、薄毛は必ず訪れます。加齢による薄毛治療は、目覚しく髪が増えるわけではありません。しかし、根気よく続けることで、髪を増やすことは可能です。

加齢による薄毛・抜け毛の2大要因は頭皮の血行不良と男性の場合は過剰な皮脂分泌です。当院では真空含浸機法によって、毛穴に詰まった過剰な皮脂やフケを吸収し、髪の元となる毛母細胞に直接栄養が行き渡るようにします。

真空含浸機は、頭にかぶせたキャップの中を「真空状態」と「加圧状態」を交互に作ることで毛穴の汚れや詰まりを取り除き、毛細血管の血流を活発化して毛根への栄養補給を促進させます。

施術スタート 9ヵ月後
< 施術スタート >   < 9ヵ月後 >

育毛

育毛通常、健康な毛髪は成長期→退行期→休止期を2年〜7年のサイクルで繰り返し成長しています。加齢により、頭皮の血行が悪くなると、このサイクルのバランスが崩れ、毛髪が充分に成長しないまま退行期や休止期へ移行し、脱毛してしまうのです。健康でハリのある豊かな毛髪のためには、このヘアサイクルを正常にしてしっかりと成長できる毛髪環境を整えることが決め手です。
健康な髪を育てる「育毛」には、正しいシャンプー法や規則正しい生活を心がけ、頭皮を健康に保つことが一番大切ですが、正しい知識をもって使用すれば育毛剤でも効果が期待できます。

毛髪は頭皮から出ている部分「毛幹」と埋まっている部分「毛根」に大きく分けられます。フラスコ型の毛根の下部分は毛球と呼ばれ、そこにある毛乳頭からも毛母細胞は栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返して成長し、毛髪となります。

皮脂線は毛根の途中につながっていて、毛孔は皮脂の出口にもなっています。このため髪は皮脂に守られてツヤやハリを維持していますが、皮脂の分泌が多すぎる場合には頭皮がベタつくだけではなく、毛孔に詰まって角栓を形成し、皮膚炎や湿疹の原因となってしまうことがあります。

健康な頭皮、髪のために必要な栄養素

まずは体全体のための栄養素を確保することが大前提です。その上でさらに髪の毛に良いとされる栄養素を努めて取るようにしましょう。

タンパク質:髪の主成分となります。毎日きちんと摂取しましょう。
[多く含む食品] 卵、肉、魚介類、乳、乳製品、大豆製品など

鉄分:新しい髪を作るための新陳代謝に必要なミネラルのひとつ。ビタミンC(を含む食品)と供に摂取することで吸収が促進されます。
[多く含む食品] レバー、肉類、魚介類、海藻、大豆製品、緑黄色野菜など

亜鉛:髪や皮膚など常に新陳代謝を繰り返す細胞にとって重要なミネラル。
[多く含む食品] 貝類のカキ、ゴマ、小麦胚芽、牛レバー、クルミなど

ヨード:主に海藻に含まれるミネラルで髪の毛を作る毛母細胞の働きを活発化させます。
[多く含む食品] ひじき、こんぶ、わかめ、のり、もずくなど

食物繊維:腸内環境を整え、必要な栄養分の吸収と有害物質を体外へ排出します。
[多く含む食品] 果物、野菜、きのこ、海藻、イモ、こんにゃくなど

ビタミンE:血行を促進し、毛細血管を丈夫にします。抗酸化作用を持ち、細胞や脳の若返りにも役立ちます。
[多く含む食品] 植物油、ナッツ類、うなぎ、大豆製品、緑黄色野菜、魚など